2004年11月30日

デジタルカメラで確認するハクキンカイロの暖かさの秘密

ハクキンカイロの暖かさは遠赤外線効果によるもの!?

 ハクキンカイロの発熱が終了したので、燃料の追加を行った。今までは反応が始まったことを確認したら、すぐ蓋を閉めてフリース袋に入れぬくぬくとやっていたのだが、今回はちょっと燃焼反応の様子を見てみた。
 明るい中では分かりづらいが、ほんのりと赤みがかって風がかかるとゆらめくように反応している。そこでこれをデジカメで撮影してみることにした。

ハクキンカイロの燃焼反応をデジカメで撮影後ガンマ補正 明かりを消した暗い中での撮影なので上手く写るか不安だ。その結果が右の画像である。3枚撮ったうちの一番ピントが合ったものにIrfanViewでガンマ補正を2.25かけている。ほんのり赤く反応し、うっすらと繊維状の白金触媒が確認できる。カメラは130万画素、光学ズームの無い機種での接写撮影。

携帯電話のカメラで撮影したハクキンカイロの燃焼反応-暗闇
携帯電話のカメラで撮影したハクキンカイロの燃焼反応-オイルライタ光
携帯電話のカメラで撮影したハクキンカイロの燃焼反応-白熱球間接照明
 デジタルカメラならもう一つある。Moblogで毎回使っている携帯電話のカメラだ。これでも撮影してみることにした。カメラは30万画素。すると赤く写るはずの火口が、青白く写ったのである。それが左の画像。メール送信できるのが7KBまでの機種なので、小さい画像しかないが確かに青白く写っている。

 真っ暗な中では青白さが強くぼやけてしまうので、少し明かりを付けたところでも撮影してみた。二番目の青白いハクキンカイロの写真は左側にオイルライタの明かりがある中で撮影した。三番目の写真は右上に白熱球の間接照明がある。これも繊維状の白金触媒を確認できる。

 この現象を考察してみる。デジカメで撮ると赤く写り、携帯電話のカメラで撮ると青白く写るのは、携帯電話に使われている受光素子が可視光線以外も拾ってしまうからではないか。燃焼部から放出される赤外線を受光した結果、デジカメとは違う青白い画像が得られたと考えられる。

 これを裏付けるものとして、実証実験を行った。

デジカメで撮影したリモコン発光部
携帯電話のデジカメで撮影したリモコン発光部

 赤外線が利用されているテレビのリモコンの発光部分を同一条件下で撮影する。一つのボタンを押し続けながら、間接照明下で発光部を撮影した。上がデジカメ、下が携帯電話の撮影結果。デジカメの画像が暗かったので先ほどの画像と同様のガンマ補正処理をした。
 結果は一目瞭然、携帯電話のカメラで撮影すると赤外線も強く写ることが実証された。
 よって、ハクキンカイロの火口の白金触媒からは赤外線受光可能な素子から見れば暗闇ではまぶしいほどの赤外線が放出されていると言える。

 しかし、赤外線は金属を透過するのだろうか?とGoogleで検索してみた(遠赤外線 透過)。

服部ヒーティング株式会社:技術情報 > 遠赤外線とは?
http://www.hattori-jp.com/technology/fir.html
赤外線は反対に物質によく吸収される性質を持っている。特に遠赤外線は吸収効率が高く、物質の表面に当たると吸収されて分子や結晶を振動させ、熱エネルギーに変える。工業加熱や乾燥には遠赤外線の持つこのような性質が利用されている。
むしろ白金触媒の回りが金属製であるからこそ、周囲の金属部分が遠赤外線によりさらに熱を持つということか。なるほど、暖かいわけだ。

 この遠赤外線については公式のハクキンカイロ/快適な暖かさの秘密には記載されていない。ここによると燃焼反応が130℃〜350℃となっているがこの中に遠赤外線効果が含まれるのかは不明だ。

念のためGoogleで検索してみると(ハクキンカイロ 遠赤外線)、豆知識のページでプラチナ電磁波として紹介されていた。

ハクキンカイロ/知って得する豆知識
http://www.hakukin.co.jp/top/kairo/2-5.html#6
Q6:プラチナ電磁波とは?
(略)ハクキンカイロの触媒として使用されているプラチナから放射されたプラチナ電磁波(遠赤外線)が細胞を活性化させ、血流の快復、生体の老化の防止等、プラチナ電磁波が体内の水分子に振動を与え、体内から暖める効果 を生み出します。4〜14μmの電磁波を放射する生育電磁波(プラチナ電磁波)は、多くの炎症疾患や慢性疾患に対しすぐれた効果 を示すことが確認されています。

 なるほど、白金触媒からは遠赤外線以外にもいろんなものが放射されてたんだな。

 カメラで赤外線の撮影が出来る物があるとは知ってはいたが、今回は意外なものから意図しない発見ができて面白かった。今日も白金懐炉を湯たんぽ代わりにぬくぬくして寝る。

ハクキン/ハクキンカイロ
http://www.hakukin.co.jp/
ハクキンカイロ 非公式ファンサイト
http://www.geocities.jp/hakukinwarmer/

※念のため当方は株式会社ハクキンの回し者などではありませんw
◆ハクキンカイロ関係のURL集

メーカーサイト 株式会社ハクキン
http://www.hakukin.co.jp/
海外向けサイト PEACOCK POCKET WARMERAS
http://www.hakkin.co.jp/
▲海外向けサイトには温度推移グラフあり。

ハクキンカイロ 非公式ファンサイト
http://www.geocities.jp/hakukinwarmer/
▲愛用者、コレクター、2ちゃんねるなどからの情報が詰まってます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』ハクキンカイロ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD

はすぴー倶楽部>ロングセラー>ハクキンカイロ
http://www.geocities.jp/hasu58/longseller/kairo.html
▲概要と歴史がまとまってます。

GWater>その他>ハクキンカイロ
http://raijo.aa0.netvolante.jp/~gwater/other/hakukin/hakukin.htm
▲プラチナム(電池着火式)の画像あり。電気抵抗値や火口の温度レポートとヤフオクミラー。

Kan ちゃんの宝箱>トリビアの水たまり>使い捨てじゃないカイロ (ハクキンカイロ)
http://homepage.mac.com/kan0ken1/trivia/2003/20031130.html
▲ライター付きモデルBMのライター点火画像あり。

自転車通勤で行こう!>自転車通勤にこれがあったら便利よ。>冬場の新兵器
http://japgun.hp.infoseek.co.jp/goods/kairo/kairo.html
▲BMの画像あり。

カブとカブラの部屋>カブカブ別館1>第一回ハクキニストのつどい
http://brosp1.hp.infoseek.co.jp/hakukinisuto1.html
▲愛好者によるハクキン本社見学ツアーと集会レポート。


◆OEM供給品

ケータイWatch 本日の一品 オイルを使う化学のカイロ『Zippoハンディウォーマー』
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/17324.html
▲ZIPPOへのOEM供給品。

WARE HOUSE PORTABLE BODY WARMER
http://www.ware-house.co.jp/new02.html
▲ウエアハウス仕様の生地が本体に巻着付けてあるタイプ。点火用ライター付のBMと同等。


◆ハクキン以外の製品

Xtreme Gadget Platinum Hand Warmer
http://store.xtremegadget.com/xtgaplflhawa.html
▲ペンギンと星の空気穴のタイプ。

Yahoo!オークション - ☆☆☆ オプティマス ハンドウォーマー デッドストック ☆☆☆
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b57451790
▲OPTIMUS社製 Hand Warmer。アルミ製で軽量、木製の可変ホイールによる火力の強弱調節が可能。


◆2ちゃんねる関連スレッド【趣味一般】【プラチナ】ハクキンカイロ 7th season【孔雀】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1100029595/
【登山キャンプ】ハクキンカイロ Part2
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/out/1097161825/
【ドケチ】ドケチの暖房節約法
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/kechi2/1098276408/
posted by caien at 01:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1152570

この記事へのトラックバック
在日外国人参政権付与法案反対バナーpng
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。