2008年10月07日

男女別名簿ごときが差別を生むのか?−岩手県の男女混合名簿議論勧告

学校の名簿 男女別は差別? : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/iwate/news/20081004-OYT8T00119.htm
痛いニュース(ノ∀`):「学校の男女別名簿は男女差別。改善して」との苦情受け、「男女混合名簿」導入議論を勧告…岩手
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1180372.html
学校の名簿 男女別は差別?
混合式導入議論を勧告
 男女別の名簿は差別?

 県の男女共同参画調整委員は3日、学校で使われている児童・生徒名簿が男女の別を設けない「男女混合名簿」にするべきかどうかを議論するよう、県教委に勧告した。県内の小中学校では、男女別名簿を使う学校がほとんどで賛否両論を呼びそうだ。

 勧告は、「男女別名簿は、形式的な男女差別。改善してほしい」との県民からの苦情を受けて出された。県男女共同参画推進条例に基づく慣行の見直しの一つとして、各学校に議論を促し判断材料となる資料を提供するよう求めている。

 全国では、男女平等の観点から、混合名簿の採用を呼びかけている自治体もあるが、県内では学校の判断にゆだねている。県教委によると、昨年度の県内公立校での混合名簿の使用率は、小学校が34%(146校)中学校が11%(22校)高校が32%(25校)

 県教委の宮卓司・学校企画担当課長は「名簿は現場の判断で使うもの。男女共同参画については、男女一緒の介護体験や調理実習などほかの部分で実施している」としつつも、「勧告内容をよく読んで対応を検討したい」と話していた。

(2008年10月4日 読売新聞)

つらつら書いてたのに戻るボタン押してしまって全部消えた…これだからweb上で書くのは危険だと…

 第一に、不便だろう。
男女を別にしなければならない授業や身体測定とかあるのに
そのたびにいちいちとびとびの番号で分けるのか?

 県民からの苦情を受けてとのことだが、そいつ本当に県民か?
特定団体の構成員じゃないのか、疑わしい。なんなんだ一体。
訴えの元の文書を読んでみたいが、読めないよな。
マスコミフィルターかかって要約されてるから悪印象なのかもしれない。

 男女名簿が分けられていることで差別を受けて
トラウマで今も社会復帰できませんとか言うのか?
特殊すぎるだろそれ。絶対他に主要因がある。
名簿を混合して「男女差別」が無くなるのか?

 名簿に文句付けるなら、男女で分ける授業も男女差別に繋がるから
一緒にすべきだとか言われかねんぞ。体育の柔道(男女が密着)とか、
水泳の着替え(体操着の着替えはすでに一緒の教室で行うところがあるらしい)とか、身体測定とか、性教育(第二次性徴)とか、男女で制服が違うのは差別だから人民服で統一とか、トイレを分けるのも差別に繋がるから一緒に…とか。
これらは極論だが、極論を容易に想像できる「やり過ぎ感」「無意味感」が沸いてくる。


 男女共同参画調整委員ってのは一応仕事してるわけだな。
 ・県民からの男女差別助長例が訴えられる。
  →慣行の見直しをすることになっているので議論促す。
  →議論の参考になる資料提供も求める。
すでに使用率が小学校と高校で30%を超えているのが驚きだが、
混合前からいる先生方の感想・意識・差別が無くなった例などを是非聞いてみたいものだ。
生徒にもアンケートを採ってもらいたい。
男女の性を正しく認識されなかった事」について苦痛を訴える生徒がいそうだ。
男女共同参画調整委員がそういう実態調査もすればいい。
そして読売はこの記事の続報として報道してほしい。


 県教委の宮卓司・学校企画担当課長がわりとまともな発言をしているらしい。
そこは安心できそうだ。

 こんなの、ジェンダー・フリーじゃないよなこれ。
フリーじゃない。キラーだよな。ジェンダー・キラー。
ジェンダーフリーとは何か、今一度。
ジェンダーフリー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC
ヒューストンはこの言葉を「ジェンダーの存在を意識しない」という意味で使用しており、かつ、「ジェンダーフリー(ジェンダーの存在を意識しない)よりも、ジェンダーに起因する差別や格差に敏感な視点を常に持って教育を進めるべきだ」と述べて、「ジェンダーフリー」に賛成しないという文脈で使ったのである。故に、日本において「ジェンダーからの自由を目指す」思想や運動に「ジェンダーフリー」という語が用いられたのは、本来の意味と異なる誤用であった。
へぇ。誤用からなのか。

しかしまさに男女混合名簿は「ジェンダーの存在を意識しない」ことを実現しようとしていると思う。
性差別をなくそう!」ではなくて「性別意識そのものをなくそう!」という。
不当な性差別は悪だ。それは理解できるし、賛同する。だがそのために性差意識そのものをなくすのは違う。

 岩手県教委ならびに男女共同参画調整委員と各学校の先生方には
このような性差別をすり替えたような変な動きには惑わされず
適切な判断をしていただきたいものだ。

 しかし気になるなー、30%も混合済みなら何かしら
利点・欠点・理不尽な話がありそうなものだ。
posted by caien at 12:39| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107726026

この記事へのトラックバック
在日外国人参政権付与法案反対バナーpng
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。